FC2ブログ

記事一覧

竪穴建物もうひとつ

岩倉忠在地遺跡の調査は、東半部の調査が大詰めとなっております。写真のように、一辺5m程度の方形の浅い落ち込みがみつかり、その底面から柱穴が検出されました。この方形落ち込みも竪穴建物と考えてよいと思われます。埋土の厚さがわずか3cmで、土器片は全く出土しませんでしたが、埋土の質からは弥生末・古墳時代初頭の遺構と考えてよいと思われます。調査は来週写真撮影を行い、その翌週に終了します。...

続きを読む

竪穴建物の柱穴

1週間以上、日があきましたが、その間に西半調査区の大半部を調査や記録を終えました。そして東半部へと進んでいます。ただ、西半部の竪穴建物状遺構については、そのまま残し継続的に掘削をすすめています。写真とように、床面もしくは床面整地土層の下部にまで掘削を進めましたが、南東部と南西部には柱穴が確認できていて、半裁して埋土を除去しています。断面でみると、南東部柱穴は深く明確ですが、南西部のは浅いものです。...

続きを読む

竪穴建物状の遺構(古墳時代初頭?)

岩倉忠在地遺跡の調査では、ついに予想された遺構がでつつあります。下の写真は、弥生時代末から古墳時代初頭の土器(土嚢の上)が出土した地点の周囲の遺構検出状況です。広い落ち込み状の堆積の埋土を5cm程度掘ってそこを精査すると径4-5m程度の不整方形の範囲に暗色土と基盤の黄灰色シルトブロックが混じった堆積土の広がりが明確にでてきました。遺構面に線を引いた部分がその輪郭です。少し小ぶりですが、規模と形状か...

続きを読む

江戸時代以前の畔の土留めか?

台風が過ぎ去り、調査は平常をとりもどしました。現在第2層(暗色層)の下面で遺構検出を行っています。下の写真のような遺構が見つかりました。木製の杭が並び板状木製品がそれに接して並んでいます。おそらく何かの土留め施設課と思われます。板の背後には礫が並んでいる状況で、土留めした隆起部の上面に礫が敷かれていたと考えられます。形状からして道路上の施設の土留部分が見えているのではないかと思います。時期は不明で...

続きを読む