FC2ブログ

記事一覧

現代攪乱の範囲が大きい

調査は4日目に入り、調査区西半部のほとんど機械掘削による現代攪乱層の除去ができてきました。
第2層とした古墳時代初頭と考えられる暗色層の上面を機械掘削しためんで検出作業しているのですが、第2層がかを出している範囲は、現在の調査区の東部が中心で、西部には島状にしかみつかりません。調査区西部の写真の鉛筆の線で囲まれたパッチワーク状の範囲だけが第2層残存部で、調査に斜めに引いた黒線の右側(つまり東側)には広く第2層が確認できます。写真の緑色の斜線の範囲は、現代攪乱です。InkedIMG_4490_LI.jpg

調査区西部では、ごく一部しか遺構はのこのこっていないでしょう。この範囲には再度重機をいれて、現代攪乱部の除去をしなければならないのですが、それは来週のさぎょうでしょうか。とにかく、今日と明日で、第2層の広がりをしっかり確認していこうと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント